新古車のメリット

新古車とは何かについて

中古車市場に行くと、新古車という言葉を聞いたことはないでしょうか。未使用車として表記されていることもありますが、新古車とはどのような車か知っておくと車を購入するときの選択肢が広がります。新古車とは、ナンバー登録をしただけで手放された車のことです。ナンバーを取得して手放していることが多いため、ほとんど走行距離がなく乗っている回数も少ないことから新品と変わりない車といえます。個人的な理由から新車と同じ状態で手放した人もいますが、大体がディーラーや二次販売店でも出荷されなかった車が新古車として中古車市場にきているのです。新古車は、新車と変わりないのに安いという特徴から人気が高く出回りやすくなっています。

新古車を選んだほうがいい理由

新古車のメリットは、新車と変わりない品質が安く購入できることです。納品チェックや輸送のための走行を除けばあまり走っておらず、人が乗っている回数も少なくて本体価格が安いことから人気があります。新車を希望しているがお金が足りない人や中古車は抵抗があるという人にとって、新古車はまさに最適でしょう。やってくる車の中には、納品時につけられていたビニールがそのままの状態もあり品質として新車と差はありません。他にも、新車は契約してからの製造のため納車に時間がかかりますが新古車であればすでに車ができあがっているので契約後すぐに引き渡しができます。急ぎで車を探している人には、納車までの期間が短いほうががいいでしょう。

車を借りる形のカーリースは、購入する場合と比べてまとまった費用を必要としない点が大きなメリットです。